[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

名古屋港水族館ベルーガのナナ 赤ちゃん妊娠から死産までを調査!

名古屋港水族館のベルーガ、ナナが妊娠したとのことで、多くの人々が楽しみにしていました。

無事に出産できるよう祈っていましたが、残念ながら、2024年6月29日、残念ながら死産となりました。

ベルーガの繫殖の難しさを痛感させられます。

今回は、ナナの妊娠から死産までを詳しくお話します。

名古屋港水族館のベルーガ ナナの妊娠

名古屋港水族館より、ベルーガ、ナナの妊娠が発表されたのは、2023年10月11日のことでした。

季節繁殖動物のベルーガの交尾は春です。

2023年3月に繫殖行動が確認され、期待されていたところ、超音波(エコー)検査などでついに妊娠が判明しました。
ニコとの間の子供です。
超音波検査では胎児の胎動が確認され、順調に育っていました。
2023年9月22日時点では、超音波画像で胎児の頭部、胸部、肋骨が確認されています。

ベルーガの赤ちゃんは、生まれたばかりでも体長が1メートルを超えます。

ナナは名古屋港水族館生まれ(2007年7月生まれ)なので、水族館生まれの個体の出産は、成功すれば国内初ということで期待が高まっていました。

名古屋港水族館ではこれまでにナナ(メス)、ミライ(オス)、ベル(オス)の3頭のベルーガが生まれました。
ベルは3歳11ヶ月で亡くなりましたが、ベルーガ繫殖成功としては国内初の成功でした。

名古屋港水族館のこれまでのベルーガの家系図と名前、名古屋港水族館のベルーガ繫殖状況について詳しくはこちらからどうぞ。

名古屋港水族館のベルーガの家系図と名前を徹底調査 これまでにベルーガは何頭いたの?
名古屋港水族館がベルーガ6頭を初めて展示したのは、2001年です。 この6頭のうち、5頭は亡くなりましたが、その子供のベルーガも含め現在4頭のベルーガがいます。そのうち2頭は名古屋港水族館生まれです。 今回は、名古屋港水族館のベルーガの家系...

ベルーガの妊娠期間は14~16か月と人間より少し長いです。
ナナの出産予定日は、2024年の5月から7月となっていました。

パパのニコは、平成28年8月2日搬入されたベルーガで、年齢は推定で17歳です。(2024年時点)

名古屋港水族館のベルーガ ナナの出産に備えて観覧制限

名古屋港水族館では、ナナの出産に向けて観覧スペースを制限するなどして見守ってきました。

2024年5月6日までの観覧制限

  • 北館3階・北館2階東側観覧スペース閉鎖
  • 北館2階西側観覧スペースのみ観覧可能

2024年5月8日以降の観覧制限

  • 北館2階・3階観覧スペース閉鎖
  • パーテーションの遮光ガラス越しのみ観覧可能

2024年4月からは、妊娠中のナナの出産に向けて【ベルーガ公開トレーニング】と【ベルーガのふしぎな魚の食べ方】は休止となっていました。

今後もベルーガの妊娠の際は、同じような制限のもとでの観覧になると予想されます。

今回は、ナナのケアのために続けて観覧が制限されます。

名古屋港水族館のベルーガ ナナ残念ながら死産

2024年6月29日のナナの出産では、午前3時55分ごろに赤ちゃんの尾びれが出始め、午前8時31分に出産しましたが、死産でした。

亡くなった赤ちゃんベルーガは、体長159.5㎝、 体重57.8kgの男の子でした。

人の出産では頭から出るのが正常で、足から出ると逆子になりますが、ベルーガの出産では尾びれから先に出るのは通常のことです。

ナナは出産直後から落ち着かない様子で水槽を泳ぎ回っていたとのことです。

今後、名古屋港水族館では、死産だった赤ちゃんを解剖して死因を調査します。

ナナは、2024年7月25日で17歳になります。
国内の水族館生まれのベルーガの中では最高齢です。

7月2日時点で、ナナは少しずつトレーニングを開始しています。
まずは無事のようでほっとひと安心ですね。

まだパーテーション越しにはなりますが、ナナに会えます。

名古屋港水族館でいちばん愛嬌のあるナナ。
一日も早く心身ともに癒されて、いつものような天真爛漫で元気いっぱいなようすを見せてくれますように。

【追記】2024年7月9日時点で、ナナは元気です。よかった!

名古屋港水族館ベルーガのナナ 赤ちゃん妊娠から死産までを調査!まとめ

名古屋港水族館のベルーガ、ナナの妊娠で、水族館生まれの個体の出産は成功すれば国内初ということで期待が高まっていましたが、2024年6月29日、残念ながら死産となりました。

今回は、ナナの妊娠から死産までを振り返りました。

ベルーガの繫殖は国内でも珍しいことです。

名古屋港水族館のベルーガの家系図と名前、名古屋港水族館のベルーガ繫殖状況について詳しくはこちらからどうぞ。

名古屋港水族館のベルーガの家系図と名前を徹底調査 これまでにベルーガは何頭いたの?
名古屋港水族館がベルーガ6頭を初めて展示したのは、2001年です。 この6頭のうち、5頭は亡くなりましたが、その子供のベルーガも含め現在4頭のベルーガがいます。そのうち2頭は名古屋港水族館生まれです。 今回は、名古屋港水族館のベルーガの家系...

ベルーガについて詳しく学べる公開トレーニングについてはこちらからどうぞ。

名古屋港水族館ベルーガのショーの公開トレーニングはどこで見れるか 所要時間と内容は?
名古屋港水族館では、イルカパフォーマンスやシャチ公開トレーニングの他に、ベルーガの公開トレーニングが行われています。 名古屋港水族館では、ベルーガ・シャチよりも規模が大きいイルカのショーは、パフォーマンスと呼ばれていますが、ベルーガ・シャチ...

この記事を書いた人
みわんこさん

子供と過ごすのが大好き、愛知県在住の50代の主婦です。
娘と3人家族で毎週のように県内の観光スポット巡りをしています。
小さな子供でも安心して遊べるような情報をご紹介します。

みわんこさんをフォローする
名古屋港水族館
みわんこさんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました